活動レポート

(平成28年5月14日)

小学校の授業が終わり、放課後市内の児童館(むらさき子どもひろばを含め)へ行くには一度帰宅していくよう、子どもの安全を考えて学校から指導されています。
予め登録した児童に限定して直接来館を認めている自治体もあります。
第四小学校とむらさき子どもひろばは同じ敷地内にありながら、放課後むらさき子ど広場へ直接行くことができません。安全を考えても一度帰宅するより直接来館する方がよほど安全と考えています。
このことを市民(保護者)からご要望がありましたので、6月議会で指摘しました。
➡8月の短期入所の申込状況からどうするかを判断するとの答弁がありました。

(平成28年2月28日)

連雀学園3つの小学校において今年度は昨年度よりさらに多くの学童保育所の待機児問題 が発生しています。
それぞれの学童保育に入れなかったという保護者からのご相談を受けて対応させていただいております。
詳しい内容については控えさせていただきます。

(平成27年6月24日)

むらさき子どもひろばの施設にて、四小学童と広場事業(児童館的機能)を行っています。
本施設は、昭和44年9月に設置され、耐震診断の結果、耐震補強工事が必要となり、今年の夏休み期間中、工事を実施することになりました。
学童の児童に対しては、四小の特別教室を活用して保育を行うことになりましたが、ひろば事業については、工事期間中は閉鎖する方針を三鷹市は決定していました。ひろば事業については、学童に入れなかった児童が居場所として利用していたこともあり、対応を検討して欲しい保護者からと要望を受け、四小の校長先生、六小の副校長先生、むらさき子どもひろばの館長、市の担当部長そして課長と相談し対応を検討して頂くことになりました。
耐震補強工事が始まるまでに調整が進み、7名の児童(希望された家庭)を四小学童と同じ場所で保育することになりました。
 (学童保育ではないことから延長保育ができません)
 
工事前の写真

 
工事中の写真

(平成27年2月12日)

上連雀中央児童遊園と繋がっている歩道が雨天時そしてその後数日間道路がぬかるんでいるので整備して欲しい。
ご連絡をいただいて現地調査を行いました。調査した日と前日は晴天でしたが2日前の雨天の影響で市民からのご連絡のとおり、数日間に軽んでいることがよく理解できました。
市の担当職員に相談したところ市側も理解しており、恒久的な対策はすぐには行えないようでしが暫定的に砂を入れるなどの対策を講じるとの回答がありました。半月ほど経過した後、ご連絡下さった市民の方から道路がきちんと整備されているとの感謝の言葉を頂きました。
 
整備前の写真

 
整備後の写真

(平成27年1月20日)

下連雀八丁目アドグランデ三鷹のそばの安全ポールの色が灰色しており分かりづらく子どもがぶつかるのでどうにかして欲しい。
ご連絡下さった方のお子さんは視覚障がいをもっておられ、写真で見てわかるように地面とポールが同色であることから見分けがつかないものと思いました。市の担当課長とも相談しましたが別のポールに変えることは難しいので反射板を付けることで対応したいとの回答があり、ご要望された市民の方にお話ししたところご納得いただきました。
整備後の写真

(平成26年11月14日)

上連雀のぞみ児童遊園に照明を設置して欲しい。
上連雀のぞみ児童遊園は、遊園内相応の広さがあり多くの市民に親しまれ、利用者の多い児童遊園の一つであります。過去の経緯を調べましたところ、当初 、遊園内に夜間照明が設置されていましたが、青少年が夜間たむろし、うるさい・ゴミが散乱しているなどの問題があった為、児童遊園の 照明は撤去されたことが分かりました。
せめて遊園東側の道路の街頭の光が差し込めるよう樹木を剪定することで依頼者にご納得いただき、市に樹木の剪定を依頼しました。
剪定後の写真

(平成26年9月1日)

吉祥寺通りの明星学園通りとの交差点付近において道路のわだちが深い状態になっている。改修工事をして欲しい。
吉祥寺通りは都道であるので地元都議会議員の中村ひろし都議会議員を通じて東京都に道路改修要望を依頼したところ現在万助橋から南方向明星学園通り過ぎたところまで今年中に改修工事を実施するとの回答がありました。

(平成26年4月20日)

災害時ペットは避難所に連れていったとして受け入れてもらえるのか?避難所としてどのように対応もらえるのか?
三鷹市では、昨年平成25年に三鷹市地域防災計画の第一次改定を行い、被災動物対策の中で予防対策と応急対策とに分けて対策が示されています。また、市内公立小学校・中学校計21校(一中は三鷹市の防災拠点として位置づけられていることから除く)が一時(いっとき)避難場所となります。全ての避難場所には避難場所マニュアルが整備されており、ペットスペースのことが記載されています。
 当該地域は井口小が避難場所となりますが、井口小では「校庭南西角付近」にペットスペースを設けるとあります。
 ペットの避難に関して地域防災計画の下記とおり示されており、その内容に従って各避難所で対応することになります。詳細については獣医師会と調整を図るとしております。
【予防対策】
1.災害に備えた市域動物対策…市民
ア.飼育動物は、災害時においても飼い主が責任をもって飼育することとし、そのために、飼い主は、日頃から飼育動物の被災対策として、自宅における飼育動物との被災生活や同行避難に備えて、食料、飼育用品、
飼育用のケージ等を備蓄する。
イ.日頃から、災害時などに飼育動物を預かってもらえる仲間づくりを進めておく。
2.被災動物対策の推進…環境政策課、獣医師会、防災課
ア.公益社団法人東京都獣医師会武蔵野・三鷹支部(以下「獣医師会」という。)等関係団体との応援協力体制を推進する。
イ.動物用食料取扱店などとの協力体制を構築する。
ウ.獣医師会と飼育動物との同行避難対策について検討するとともに、保護した飼育動物の飼い主を特定できるようマイクロチップを普及啓発する。
エ.被災動物に関わる関係機関と連携し、災害時の被災動物対策に関する市民への広報、啓発を推進する。
オ.避難所における飼育動物の飼育場所や飼育上のルールなどについて、避難所運営マニュアルの中で取り決める。
【応急対策】
1.被災動物の適正管理…環境衛生班、保健所
ア.市は、都と協力し、飼い主に対して避難所における被災動物の適正飼育の指導等を行うなど、動物の保護及び環境衛生の維持に努める。
イ.都に対し必要があれば資材の提供、獣医師の派遣等の支援を要請する。
ウ.避難所から保護施設(都動物愛護相談センター)への動物の受入及び譲渡等の調整を行う。

(平成25年8月)

過去からずっと「自転車通学のICU学生へ通行禁止!」の看板が深大寺1丁目に1ヶ所、3丁目に1ヶ所設置されている。
地域の住民の要望で設置された可能性があるが。この看板は人権問題ともいえる看板なので撤去して欲しい。
市の担当職員に二度要望し撤去いたしました。

(平成25年7月25日)

三鷹駅周辺の50ccを超える駐車場は、㈱まちづくり三鷹が管理している「さくら通りバイク駐車場(28台分)しかない。定期利用金額が、調布市2,500円/月(屋根なし)、府中市3,000円/月(屋根あり)と比べ、三鷹市は10,000円と高額である。整備拡充と価格設定の見直しをしてほしい。
さくら通りバイク駐車場は順番待ちの状態です。三鷹駅南口再開発する中で、50cc超バイクの駐車場の整備(さくら通り駐車場内でバイク駐車場のスペースを確保する等)を進めるよう市へ要望します。定期利用金額の適正化についても同様に見直しを要望します。

(平成25年4月1日)

1.更衣室のロッカーが壊れていて鍵がかからない。修理するか、新しいロッカーにしてほしい。
2.新しくオープンした「さんさん館」は13室あるがどのくらい利用者があるか調べてほしい。
3.「さんさん館」は床面がゴム張でダンスができない。ダンスができる環境を整えてほしい。(特に防災公園・多機能施設において)

(平成25年2月13日)

1.募集時期は何時頃でしょうか?
平成26年6月頃(昨年改選、任期は2年間)
2.募集方法(広報含め)はどのような形でしょうか?
公共交通の団体枠と市民枠(無作為抽出)で公募は行っていません。

(平成25年2月5日)

高齢者講師派遣事業とコミセンの共同事業の予算が今年度今年度から半減された。 会場移転後、総合講座の受講料が有料(受益者負担)という情報を聞いた。本当か?
新しく建設します新川防災公園・多機能施設(仮称)に現在の社会教育会館機能が移設されますが、受益者負担については、施設使用料の部分であって、市民大学総合講座の受講料については、検討の段階にも入っていません。

(平成25年2月5日)

昨年末、新川1丁目にある環境センターからふじみ衛生組合新ごみ処理施設へ機能移転した。ごみ処理施設の見学できるか
今年4月(来年度初め)から「環境学習会」ということで地域の方へ公開見学を進めていく予定です。

(平成25年1月9日)

健康遊具の看板の文字が経年劣化で読み取れなくなっている。修繕計画はあるのか?
健康遊具の看板は遊具を見ればどのように使用するかはわかるので看板は不要ともいえる。撤去も検討して欲しい。
植木の部分がでっぱっていてつまずくことがあるので対策をとって欲しい。
都市整備部緑と公園課にて業者へ見積照会中看板修理の方針です。

(平成25年1月9日)

連雀通り下記交差点において自動車で連雀通りへ侵入する際、連雀通りを通行する自動車、そして歩行者が確認しづらくなんどもヒヤリしたことがある。 道路にミラー設置を検討して欲しい。
設置する場所がないので南東の角の電柱に供架します。しかし、これですと西側から来る自動車、自転車しか認識できません。少しでも改善できればと考えておりますのでご理解をお願いします。これから東電に供架の申請をし、許可が下り次第設置します。【ミラー設置対応済】